札幌市立平岸高台小学校の公開授業に行きました(1)

今週から三日間続けて、昨年度の2014年2月17日に開催された、札幌市研究開発事業「情報教育に関する実践研究会」の公開授業のレポートをご紹介していきます。
会場校は、札幌市立平岸高台小学校でした。
この日は、5校時に4クラスの授業公開が行われ、その後、平岸高台小学校から研究実践校の取り組みの実践発表等があり、引き続いて玉川大学教職大学院の堀田龍也先生によるご講演もありました。
当日は、猛吹雪の天候にもかかわらず、100名近くの参加者があり、どの教室もたくさんの参観でにぎやかになりました。
 教室ごとに、大型TVと電子黒板、デジタル教科書、
 実物投影機などのICT機器を活用した授業が
 展開されていました。
 4年生の国語の授業「言葉について考えよう」では、
 文と文をつなぐ言葉に注目し、文章を組み立てていました。
 自分たちが考え、ノートに書いた文章を、
 実物投影機「みエルモん」で大きく映して
 発表していました。
 自分でズームして見やすい大きさにして、
 フリーズボタンを使って映像を止めて発表している様子から、
 実物投影機がすでに子どもたちの学習の道具となり、
 すっかり馴染んでいることがよくわかりました。
 日常的に使われている様子は、実物投影機「みエルモん」で
 映される中心がわかるように、
 いつも使う台に映す範囲の中心点に印がついていることからも
 わかりました。
 子どもたちが使いやすいような工夫がみられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>