滋賀県高島市立マキノ中学校公開授業へ行きました2

昨日に続いて、2014年1月31日(金)に行われた、滋賀県高島市立マキノ中学校の公開授業のレポートです。
中学1年生、国語の公開授業の様子を紹介します。
こちらで使われていたICT機器は、電子黒板機能付きプロジェクタと実物投影機「みエルモん」L-12でした。
 生徒たちは、故事成語を使った文章を考え、
 プリントに書きます。
 そのプリントを実物投影機「みエルモん」で
 大きく映しました。
 映しているプロジェクタには、電子黒板機能が
 ついているので、
 訂正部分などを先生が書込み、皆で確認していました。
上の写真にあるプロジェクタを映しだしているボードは、手作りだそうです。
黒板を目いっぱい使いたいために、移動ができるスクリーンボードを作ったそうです。スクリーン部分はプラスチックダンボールを3枚合わせて作られていました。
書込むときに、「みエルモん」のフリーズボタン(一時停止ボタン)を使って、プリント画面を静止させてから書込んでいました。こうすることで、生徒にすぐプリントを返すことができるからです。
この授業が終わった後の休み時間にも、「みエルモん」が便利に使われていました。
電子黒板のボードが大きくて、その後ろにある連絡ボードが見えなくて生徒が騒ぎ出しました。
その時、一人の生徒が、すでに連絡事項が書かれた自分のノートを「みエルモん」の下に置き、プロジェクタで大きく映しだしました。そうすることで、他の生徒も連絡事項を問題なくノートに書くことができました。
何気ないことですが、生徒たちは「みエルモん」の便利さをよくわかって使いこなしている様子が見られました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>