どんな「みエルモん」台を使ってますか?手作りワゴン(2)

昨日の「みエルモん」の手作りワゴンの続きです。
 手作りワゴンを横から見たのが、左の写真です。
 ワゴンの台の角には、コンセント付延長コードが
 貼り付けてあります。
 コンセントは「みエルモん」とプロジェクタが使えるように、
 二口コンセントです。
延長コードは邪魔にならないように、束ねて机のフックにかけています。フックは机に元からついているので、そのまま使えて便利です。
そして使う時には、このワゴンごとコロコロ転がして教室に設置します。
「みエルモん」とプロジェクタの配線はつないだままなので、延長コードをほどいて、教室のコンセントにさすだけで使えるようになっています。使うたびに配線を心配しなくても大丈夫なところが、安心して使える工夫です。
 教室で使っている写真が、二枚目の写真です。
 手作りワゴンは、プロジェクタの台になります。
 ホワイトボードと組み合わせて、
 ちょうどよい大きさと角度になるように
 ワゴンを配置します。
「みエルモん」は広めの台の方が使いやすいので、教卓に乗せて使っています。
この手作りワゴンを使うと、
  1)「みエルモん」を教卓に乗せる。
  2)プロジェクタとホワイトボードをちょうどよい場所に配置する。
  3)延長コードをほどいてコンセントに差し込む。
という3ステップで「みエルモん」が使えるようになります。
費用もそれほどかからないというところも、大きな利点ですね。
【事例提供:北海道函館市内小学校】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>