どんな「みエルモん」台を使ってますか?手作りワゴン(1)

実物投影機「みエルモん」を使っている先生方から、「みエルモん」の台について工夫している様子を教えていただきました。
それぞれの学校環境に合わせて、ぜひ参考にしていただけたらと思います。
先ずは、子ども用の机を利用して、プロジェクタの台とワゴンを手作りした事例です。
北海道函館市内の小学校から写真を送っていただきました。
 予算的な問題もあり、常設することはできなくても、
 少しでも使いやすく持ち運べられるように考えられています。
 「みエルモん」もプロジェクタも、いつもは左の写真のように、
 廊下に置いてあります。
よくよく見ると、横にホワイトボードも置いてあります。(写真をクリックすると大きくなります)
スクリーンの代わりにホワイトボードに映しだすために、「みエルモん」とプロジェクタとホワイトボードはセットにしてあります。
 そして、もっとよーく見ていただきたいのが、
 左の二つ目の写真です。
 
 子ども用の机の脚の下に、もう一つの子ども用の机が
 使われています。
 4本の脚と引出を取った子ども用机を、
 ひっくり返してくっつけてあるのです。
さらに、底にキャスターを付けて、ワゴンのように動かせるようになっています。
この机で「みエルモん」を使っている様子は明日に続きます。
【事例提供:北海道函館市内小学校】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>