電磁石のはたらき:実物投影機で説明する

小学6年、理科の事例です。
理科の授業では、実物を使って説明するとわかりやすいことがたくさんあります。
 左の写真は、電磁石で使う電池ボックスの説明を
 しているところです。
 電気の流れがどのようになるかを、
 実物投影機「みエルモん」で
 子どもたちが使うのと同じ電池ボックスを映して、
 映した映像に書きこんでいるところです。
イラストを描いて説明するのとは、わかりやすさがダントツに違います。
 二番目の写真は、方位磁針を電磁石に近づけると
 どうなるかを、予想させているところです。
 方位磁針の針がどのようにに動くのか、
 前に出てきて、指でなぞりながら説明させたりできます。
 
この時も、イラストで説明するよりも、わかりやすさがダントツに違います。
 三つ目の写真は、 「みエルモん」のアームをまげて、
 簡易モーターを、少し斜めから見せているところです。
 見せたい角度から、見せたい実物を映して説明できる。
 実物投影機のもっとも得意とする活用事例の一つです。
 
様々な道具を使う理科の授業では、実物投影機は必需品の一つでもあります。
【事例提供:兵庫県K先生より】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>