実験の手順

小学4年、理科の事例です。
理科の実験をする時には、最初に手順の説明や確認をします。
けれど、途中で手順がわからなくなったり、不安になったりすることもあります。
机には、必要な道具しか出さないことも多いので、みんなが一度に確認したい手順は画用紙に書いておき、実験中に実物投影機で大きくテレビに映しておきます。
こうすることで、机に出す資料も減るし、板書の手間も省けます。
その分黒板には、実験結果を詳しく書きこんでいくスペースができます。
【事例提供:東京都H先生より】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>