アレイ図を映す

小学4年、算数の事例です。
計算のきまりを使って、工夫して計算する学習では、様々な考え方が出てきて、式もそれぞれ違ってきます。
どうしてその式になるのか、どのように考えたのかを説明するには、アレイ図を使うと子どもも説明しやすくなります。
教科書にあるアレイ図を、実物投影機「みエルモん」で大きく映しました。
そのアレイ図を使って、どんなまとめ方をして自分の式を作ったのか指さしたり、スクリーンに書き込んだりして説明したら、考え方がすぐに伝わりました。
【事例提供:東京都H先生より】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>