キャップの針さし

小学6年、家庭科の事例です。
PETボトルのキャップを利用した針さしを作りました。
ひとつずつ手順に従って説明したあと、それぞれの手順の作品を全部並べて実物投影機「みエルモん」で大きく映しておきました。
手順が不安になった子どもは、見本が前にあることがわかるために、時々、前に来て確認していきます。
見本を見に来なさいとその都度言わなくても、子どもたちが自主的に確認に来るようになりました。
【事例提供:東京都S先生より】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>