「曲がり」の筆運び

小学3年、国語・書写の事例です。
 「ビル」の「ビ」の曲がりの部分の
 筆運びを理解できるように、
 教科書の手本を実物投影機「みエルモん」で大きく提示し、
 筆先をどのように運ぶかを、教科書の手本に書き込んで
 説明しました。
筆の動きや向きを、どんなふうに動かしていったらいいかを説明するのは口だけではとても難しいです。
図を描いて説明したいところですが、きれいに書かれたお手本の文字を映して説明することで簡単にわかりやすく説明できました。
子どもたちは、見ることでイメージを持つことができました。
書写の時間では、実際に筆を動かすところを見せることもできますが、このようにお手本を実物投影機で大きく映して、論理的に図として説明することでも子どもたちに伝わりやすいです。
【事例提供:富山県S先生より】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>