プリントを見てノートに漢字の復習をする

小学3年、国語の事例です。
漢字の練習方法も、効率的でやりやすい方法を身につけることは、学力を高める一つの技術として大切なことです。
その指導に、実物投影機「みエルモん」で、プリントと子どものノートを大きく映して見せながら指導しました。
写真のように、プリントをノートに重ねてプリントを見ながら、読みがなと送りがなをノートに書いていきます。
その後、プリントを一旦伏せて漢字をノートに書いていきます。
国語のノートのマスの使い方も指導できました。
これで全員が、正しい手順でノートに練習できるようになりました。
【事例提供:富山県S先生より】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>