中学校理科でのICT機器活用実践研究授業

3月4日(金)にICT機器活用実践研究授業が明治大学付属中野中学校1年の理科の授業で行われました。授業のレポートを、授業をされた神野善太先生からいただきましたのでご紹介します。
—————————————————————–
火成岩と造岩鉱物の関係について学ぶ授業でした。
研究授業に参加された先生方は、実物投影機L-1ex「みエルモん」を活用することにより、授業が分かりやすくなることが確認できたようです。
実物投影機L-1ex「みエルモん」は、下記のように活用しました。
(1)フラッシュカードによる復習
   パワーポイントでスライドを作り、フラッシュカードとして復習内容をクイズ形式で
   出題しました。
   生徒は積極的に声を出し、重要事項を確認することができたようです。
    ・なるべく短時間で次々と問題を出す。
    ・他教科の内容も復習に入れる。
   などを工夫すると脳の活性化にもつながるようです。
(2)生徒のノートをスクリーンに映す
   ・生徒のノートの復習部分を映すことにより、前時の内容を確認しました。
   ・生徒のノート作り方の良いところ、悪いところを併せて確認しました。
   生徒は、他の生徒のノートの良い点、悪い点を参考にできたようです。
(3)地質柱状図の復習
   地質柱状図は、図を重ねてみないと分かりにくい部分です。
   けれど、2つの柱状図を重ねたスライドも作ったので、分かりやすかったようです。
   スライドは、参考書の図をJPEGファイルで取り込んで、ペイントソフトで編集しました。
   編集した画像をパワーポイントに貼り付けました。
   そのパワーポイントのファイルを、「みエルモん」に付属のソフト「File Converter」で
   「みエルモん」のSDで使えるファイルに変換しました。
   パワーポイントで作ったスライドが一括変換され、画面サイズもきちんと合うので、
   使いやすかったです。
(4)新燃岳と桜島の火山灰の違いの観察
   火山灰を直接「みエルモん」で拡大してみましたが、粒の大きさの違いしか分かりません
   でした。
   最高の倍率にするときのピントの合わせ方を後から知ったので、次に試してみたいです。
(5)火山灰の顕微鏡観察
   双眼実体顕微鏡を「みエルモん」にくっつけて直接映したところ、鉱物の違いなどが
   はっきり分かり、火山の違いで火山灰もまったく違うことを確認できました。
(6)造岩鉱物と火成岩の関係グラフの作成
火山灰の鉱物の違いから、造岩鉱物と火成岩の関係のグラフのプリントをを生徒に配付しました。
同時に、このプリントを「みエルモん」でスクリーンに大きく映しました。
左の一番上の写真がその時のものです。
その後、左の2つ目の写真のように赤ペンで中心に線を入れました。
この線を生徒のプリントにも書かせ、何の線か考えさせました。
無色鉱物と有色鉱物を分ける線だと気付かせてから、次のスライドを見せました。
3つ目の写真のスライドのグラフを見ると、グラフの右にいくほど有色鉱物が増加することがわかります。
そのため、右側にある岩石の色が黒くなる、ということに気付かせやすくなります。
この後、鉱物の種類を分ける黒い線を、自分たちのプリントに書き入れさせました。
最後は、左の一番下の写真のように、鉱物名を付箋紙で隠したものを「みエルモん」で映して
付箋を一枚一枚はがしながら、鉱物名の確認をしました。
生徒たちは鉱物名を大きな声を出しながら言ってくれ、大変もりあがりました。
(写真をクリックすると大きくなります。)
(7)プリントの小問をスクリーンで確認
   あらかじめSDカードに保存しておいた小問をスクリーンにも提示し、グラフの使い方とともに
   確認していきました。SDカードに小問をあらかじめ入れておくことで、時間省略になり
   スムーズにまとめができました。
   小問をスクリーンに映し、重要事項を赤ペンでひくことで理解も深まるようです。
   
エルモ社の教育情報化コーディネータ(ITCE)にアドバイスを頂きながら研究授業を無事に終了することができました。ありがとうございました。
—————————————————————–
以上が、神野善太先生からいただいた授業レポートです。
エルモ社では、教育情報化コーディネータ(ITCE)による授業の中でICT活用をするためのアドバイスもご提供しています。
ご興味、ご質問等ありましたら、こちらからお問い合わせください。
 ☆CrSP:クラスルーム・ソリューション・プロジェクトのお問合わせページへリンク
    ICT活用の授業アイディアや活用方法等のお問い合わせはこちらへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>