手縫い針とミシン針

小学5年、家庭科の事例です。
 家庭科の裁縫の実習では、
 細かくて様々な種類の道具を使います。
 その道具を、なくさないように、
 きちんと管理することも大切な学習の一つです。
 特に針は、見つけにくいし落としておくと危ないので、
 使い始めの管理の仕方をしっかり確認します。
管理のポイントは、道具を使い始めるときと、使い終わったときの針の本数を合わせることです。
そのために、予め針の数を数えておきます。
ミシン針は手縫いのときは使わないので、数える数に入れないことを針を大きく映して確認します。
針の穴の場所が違うことまできれいに見えるので、針の違いの説明も一緒にできました。
実物を大きく見せられることで、子どもたちの理解はぐんと違います。
【事例提供:東京都S先生より】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>