校内で活用を広める工夫

先週の23日の記事で、「みエルモん」と電子黒板のレイアウトについてご紹介させていただいた横浜市立洋光台第一中学校では、導入されたICT機器をどんどん活用してもらうために、校内研修をするだけではなく、『ICT活用のしおり』を作成して、全職員へ配布するという工夫をされているそうです。
横浜市立洋光台第一中学校の『ICT活用のしおり』左の写真が、その『ICT活用のしおり』です。
このしおりは、表紙を入れて12ページになり、
 1.職員用パソコン
 2.学習用機器
 3.学習用ソフト
について、それぞれ詳しく説明が書かれています。
「1.職員用パソコン」のページでは、ファイルの共有や整理の仕方、情報の管理の仕方、プリントの仕方などがわかりやすく書かれています。
4月から新しく異動で来られた先生方でも、このしおりが1冊あれば、洋光台第一中学校のパソコンをどのように使ったらよいかすぐにわかるし、このしおりをもとに質問もしやすくなるように、まとめられています。
洋光台第一中学校の各教室に設置されている「みエルモん」と電子黒板についても、左の写真のように写真入りで、すぐにわかるようにまとめられていました。
さらに、「みエルモん」(実物投影機)の説明として以下のように書かれていました。
  ○・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・○
   小さい物を大きく見せる機器です。
   ほとんど直感的に使うことができますが、この電源が入っていないと
   PCの画像が電子黒板に映りません。
   ●ICT機器の中で最も簡単に使えると思います。
   ●教科書・ノート・資料集・実物、何でもかんでも、
    まずは大きく映してみましょう。
   ●角度を変えることもできます。
   ●動くものを見せるときは、パソコンを経由させないほうがいいです。
   ●逆に、動くものをカメラのシャッターを切るように静止させて
    映すこともできます。
   ●顕微鏡とアジャストできるジョイントが別にあります。
  ○・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・○
「みエルモん」の特徴を、とてもわかりやすく伝えてくださっています。
初めての先生方にも優しい説明資料、横浜市立洋光台第一中学校の『ICT活用のしおり』はすばらしい取り組みだなと思いました。
このような取り組みをされている学校がありましたら、ぜひご連絡ください。
ニコニコ45分では、このような学校ごとの様々な工夫を共有させていただき、全国の学校での活用のヒントにしていただけたらと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>