自分の成長を確かめる

小学4年、保健の事例です。
自分の1年生から4年生までの体重と身長を記録して、成長を確かめる学習をしました。
保健の先生から健康カードをお借りして、それぞれ自分の教科書に書き写しました。
この時、どこに書き込んでいったらよいかを、クラス全員で確認するために教科書を実物投影機で大きく映しました。
1年生の時の体重はどこに書くか、2年生の時のはどこに書くか、一つ一つ確認しながら書き写すことができたので、間違える子どもがいませんでした。
自分の体重と身長を書き写した後は、体重と身長がどれくらいの伸びたのか、電卓を使って計算しました。
計算した数字を、○印の中に記入しました。
一見簡単そうに見えることでも、一つ一つ説明しないと戸惑ってしまう子が出てしまいます。実物投影機はこのような指示や説明には欠かせない道具です。
【事例提供:東京都H先生より】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>