電磁石を作る

小学6年生、理科の事例です。
電磁石を作ることになり、その手順の説明に実物投影機を活用しました。
最初に、電磁石を作るための材料の確認をします。
左の写真のように、必要な材料を並べて映しました。
子どもの目線からもよく見えることがわかります。
材料の確認が終わった後に、いよいよ作り始めます。
クラス全員がわかるように、少しずつ、できるだけ丁寧に説明をしていきました。
一つ一つの手順を、実物投影機「みエルモん」のカメラの下で、子どもたちと同じ材料を使って説明しています。
コイルの巻き方や最後の止め方など、細かい作業はさらに拡大して映すことで、わかりやすく説明ができます。
子どもたちが前に出てきて説明を聞くのではなく、自分の席で、じっくり説明を聞くことができるので、さらに理解しやすいようです。
最後の仕上げです。
芯を入れて補助棒を抜きます。
この複雑な手順は、見せながら説明することで数倍もわかりやすくなります。
これで、完成です!
【事例提供:兵庫県K先生より】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>