札幌市立山の手南小学校教育実践発表会レポート☆1

札幌市立山の手南小学校の第7回教育実践発表会が、11月27日(金)に開催されました。
300名ほどの参加者があり、5時間目のすべてのクラスの公開授業は熱気あふれるものでした。
山の手南小学校の教育実践発表会の研究主題は、『確かな学力を育成する日常授業の改善』です。
山の手南小学校の研究概要・指導案集と研究要覧研究副主題として「ICTの効果的活用でわかる授業をつくる」ことをかかげ、ICTの効果的活用を改善の柱として、3つの研究の柱をたてています。
     研究の柱① 指導法の改善
     研究の柱② 研究方法の改善
     研究の柱③ 学習規律の改善
山の手南小学校のこの研究については、当日配布された「研究概要・指導案集」に、詳しく、詳細なデータと一緒に記載されています。
この研究概要の中に、山の手南小学校の子どもたち全員にアンケートをとった結果が記載されています。
「実物投影機を使うと勉強が楽しい」と答えた子どもは全校の83%。
「実物投影機を使うと勉強がよくわかる」と答えた子どもは全校の89%だったそうです。
楽しいだけではなく、勉強がよくわかると実感できている子どもたちが多いということがデータからもわかります。
研究概要の最初のページに、新保校長先生の「小さな小さな一歩」という文が記載されています。
     まだまだ未知の分野も多く、苦労もありました。
     しかし、この研究の先に明るい未来が、子どもたちの笑顔が、
     保護者や地域からのさらなる信頼があると信じてやみません。
子どもたちのために、小さな研究から始め、一歩ずつ前向きに歩いていこうとする先生方の熱い想いが伝わってきました。エルモ社でも、このような学校を、ICT活用を通して、少しでもお手伝いさせていただきたいと心から思いました。
今週は、この札幌市立山の手南小学校の教育実践発表会の様子を特集でレポートさせていただきます。
   ニコニコ45分で以前に紹介させていただいた山の手南小学校の記事はこちらです。
   札幌市立山の手南小学校へ行ってきました☆1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>