杉並区立沓掛小学校研究発表会へ参加しました☆2

今週は、11月20日(金)に開催された東京都杉並区立沓掛小学校での研究発表会の授業レポート特集です。
2年生は算数の授業でした。単元名は「かけ算(2)」です。
アレイ図を使って、かけ算の学習をしていました。
黒板に貼られたマグネットスクリーンには、子どもたちが持っているのと同じアレイ図を実物投影機で大きく映し、子どもたちと同じ色紙で必要でないマスを隠してかけ算の確認をしていました。
上の写真は、6の段の学習をしているところです。
黒板には、6×1、6×2、6×3の式と一緒にお菓子のイラストがわかりやすく板書されています。
この説明を聞きながら、アレイ図を使って6の段の確認をしていきます。
上の写真のように、子どもに発表させるときにも実物投影機が有効に使われていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>