つくば市立竹園西小学校へ行ってきました☆2

3年生の教室では、2クラスで図工の授業をしていました。

ひとつのクラスは、絵の具で肌色を作ろうという授業でした。
まず、実物投影機でパレットを大きく映した先生は、白、黄色、赤、青の絵の具を使うことを説明し、パレットに少しずつ絵具を出していく様子を大きく映して見せました。
どの位置に何色をどのくらい出したらよいか、言葉だけで説明するのはとても難しいことです。
実物投影機があることで見せながら説明や確認ができ、子どもたちにもすぐに伝わっていました。
色の混ぜ方のちょっとした違いで、作られる肌色は違ってきます。このことを近くのお友達と色を確認しながらみんな真剣に肌色を作っていました。
このように実際に色を作る体験をする時間はとても大切で、このような時間をより多く作りだすためにも、ICTを上手に活用して説明時間を短くてもわかりやすくする工夫が必要なのだとよくわかりました。
自分で作った肌色は、手元の画用紙の○の中に塗っていきます。塗った画用紙も大きく映して確認し合っていました。
3年生のもう一つのクラスでは、運動会の写真を用意して、写真に写っている自分たちの姿を見ながら、版画にするための下絵を描くという授業でした。
先生は、写真を絵にするときの注意事項を、実物投影機で大きく映した写真を見せながら説明していました。
実際に描いた絵も見せながら、どのくらい大きく描いたらよいかなどを説明していました。
これからどんな絵を描いていったらいいか、イメージ作りに役立っている様子がわかりました。
ICTを活用したわかりやすい授業に取り組まれているつくば市立竹園西小学校では、10月30日(金)から開催される第35回全日本教育工学研究協議会全国大会(茨城つくば大会)での授業校開校になっています。
公開授業は、以下の日程です。
   ■第35回全日本教育工学研究協議会全国大会(茨城つくば大会)授業公開
      10月30日(金) 9:40〜11:30
学校は、TXつくばエクスプレス「つくば」駅から歩いて10分のところにあります。気持ちのよい遊歩道を歩いて行くことができます。
10月30日(金)は、つくば市立竹園西小学校で実物投影機「みエルモん」を活用した授業を見ていただけることになっています。ぜひご参加ください。
   ■第35回全日本教育工学研究協議会全国大会(茨城つくば大会)
    についての詳細はこちらから
        第35回全日本教育工学研究協議会全国大会 
        「わかる授業・魅力的な授業」「情報活用能力の育成」のためのICT活用

つくば市立竹園西小学校へ行ってきました☆2」への2件のフィードバック

  1. 竹園西小のSです。

    実際に見たよりも,とても分かりやすくまとめていただき,ありがとうございます。こちらの記事を読みながら,改めて「なるほど」と納得しました。
    30日にはよろしくお願いいたします。

  2. ニコニコ

    竹園西小のS先生、コメントありがとうございます。授業見学でも大変お世話になりました。
    必要なのは派手なICT活用ではないことがよくわかるすてきな授業でした。
    30日はこちらこそよろしくお願いいたします。楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>