版画のインクの刷り込み

中学1年、美術の事例です。
左の写真は、版画の授業の時のものです。
版木にインクを刷り込んでいくところを実物投影機で映しています。
インクが均等になるように、丁寧に刷り込んでいくことは、きれいな版画を作るポイントになりますが、机の上に板を置いて、しっかり押さえて刷り込まないと上手に刷り込めません。
そのため生徒たちに見えるように、黒板の上で見せることもできません。
こんなときは、実物投影機で上から映して見せられることはとても便利です。
インクを刷り込みながら、工夫するところを説明できました。
実物投影機「みエルモん」は、真上からでも広い範囲を映せるのでとても使いやすいです。
【事例提供:福井県S先生より】
 「みエルモん」の機能紹介…A3サイズまで取り込める!
      取り込める画像の範囲はA3サイズもOKです☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>