新しいデジカメがきました

小学5年、総合的な学習の時間での事例です。
新しいデジタルカメラが届き、その使い方の説明をしました。
こんな時には、デジタルカメラそのものを実物投影機で直接映して説明するのが一番簡単で分かりやすくできます。
まずは、スイッチの説明。
映したデジタルカメラのスイッチを直接指さして説明します。
撮った写真を再生して見たり、削除したりする方法もすぐに説明できました。
電池の入れ方やSDカードの出し入れなども一度説明しておけば、安心です。
子どもたちは、すぐに写真を撮る練習をはじめました

撮った写真を見て確認したり、いらない写真を削除したりすることもできるようになり、この後すぐに課題活動に入ることができました。
【事例提供:千葉県T先生より】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>