「さるかにがっせん」で出てくる言葉

特別支援学級での国語の事例です。
「さるかにがっせん」の絵本のデジタルコンテンツを見て、お話に出てくる言葉を一つ一つ確認していく授業です。
パソコンを使って絵本のデジタルコンテンツを子どもたちに見せました。
新しい言葉が出てくると、その場で言葉の確認をします。
確認をしたら、子どもたちはマスの書いてあるプリントに言葉を書いていきます。
このとき、書き方に迷うことがないように、子どもたちが持っているプリントと同じプリントを実物投影機で映しながら一緒に書き込んでいきました。
プリントにどのように書いたらよいか見えるので、子どもたちは安心して取り組めました。
パソコンでデジタルコンテンツを、実物投影機ではプリントを交互にプロジェクタに映していく時に「みエルモん」の切り替え機能を使ってテンポよく授業をすすめていました。
【事例提供:東京都I先生より】
 「みエルモん」の機能紹介…パソコンと連携、画面切り替え
      パソコンの画面と実物投影機の映像をワンタッチで切り換えられます☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>