第4フェーズのプロジェクト会議が開催されました☆

1月31日(土)に、新しいプロジェクト「プロジェクタと実物投影機を活用した授業技術向上プロジェクト」の第1回の会議が、エルモ社東京支店のソリューションプラザにて開催されました。
このプロジェクトは、独立行政法人メディア教育開発センター 准教授 堀田龍也先生と富山大学人間発達科学部 准教授の高橋純先生との産学連携研究プロジェクトです。
このプロジェクトは、第1フェーズとして2007年7月に発足し、その後、第2フェーズ、第3フェーズと続けてきました。
エルモ社は事務局として、第1フェーズからこのプロジェクトのお手伝いをさせていただいています。
そして今回の新しいプロジェクトは、株式会社三洋電機と連携して事務局をさせていただくことになりました。エルモ社の実物投影機L-1nと三洋電機のプロジェクタLP-XW60を組み合わせた授業をしていただき、子どもたちがわかる・できるようになるこれらの機器の活用例や、それを支える授業技術を研究していただくものです。

会議では、初めに堀田龍也先生より、プロジェクトの趣旨説明がありました。その後、グループごとに自己紹介をしていただきました。このプロジェクトのために、全国から40名ほどの先生方が集まっています。一人30秒という短い時間での自己紹介でしたが、それぞれのグループに設置された実物投影機「みエルモん」とプロジェクタを使いながら、効率よくわかりやすく自己紹介を工夫されていました。

授業の中ですでに実物投影機を活用されている3名の先生からは、日々の活用の様子を発表していただきました。デジカメのディスプレイ部分をそのまま映して写真の紹介をするとか、壁にある時計をそのまま映して時間の確認をするなどの斬新な活用例の紹介などもありました。
高橋純先生からは、これから出版する予定の書籍についてのご紹介がありました。実物投影機で映すだけではなく、子どもたちへわかりやすい授業をするための授業技術についても書かれた書籍の出版が予定されています。
そして最後に、これからの宿題についてのお話があり、会議は2時間で終了しました。これからどのような実物投影機とプロジェクタを使った実践が生まれてくるのか、とても楽しみです。ニコニコ45分でもどんどんご紹介させていただきたいと思います。
エルモ社では、このような研究を通して、先生方により使いやすいと思っていただけるような機器の開発と、授業の中での活用のご提案をさせていただきたいと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>