授業レポート 登米市立北方小学校へ行ってきました⑧

【小学6年生、図工】
6年2組の教室では、図工で版画の時間でした。
黒板のスクリーンには、彫刻刀の使い方が書かれた説明書を、実物投影機で大きく映して誰にでも見えるようにしてありました。

子どもたちは机をグループ型に並べて、彫刻刀を使って作品を作っています。大きな板を机に広げているので、説明書や資料は机に並びません。
こんなときに、実物投影機で共通の資料を大きく映して誰でも見えるようになっていると、それぞれが机に広げる必要はないのでとても便利です。
子どもたちはみんな真剣に取り組んでいました。できあがった作品をぜひ見たくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>