小さい頃の私

小さい頃の私の写真 左の写真は、小学2年生の生活科の時間で
 小さい頃の自分のことを調べる学習をした時の写真です。
 子どもたちから事前に
 「子どもの生まれた頃(0歳から1歳程度)の写真」
 を集めておきました。
その写真を実物投影機でアトランダムに次々と映し出し、「これは誰でしょう?」とクイズ形式で聞いていきました。
面影などを見つけながら、子どもたちは楽しんで推理していました。
何人か指名して誰の写真か聞いた後、最後に「私です」と本人に答えてもらいました。
お友達の成長の様子を、クラスみんなで確認できる、クイズ形式の楽しい授業になりました。
実物投影機がなかった頃は、集めた写真を1枚1枚、スキャナでスキャンしてパソコンに取り込んでから投影していました。
事前の準備に時間がかかっていましたが、実物投影機「みエルモん」がきてからは、写真を集めるだけで準備は完了です。
投影する写真の順番も、子どもたちの反応を見ながら臨機応変に変化させて投影できます。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>