堀田先生インタビュー  Vol.4

ICT教育の推進ということもあり、使うことのメリットはわかっているけれども、
“使わなくては”といった義務感で使われている先生もいらっしゃるかと思いますが…。

色々な精神状態があるのだけれど、まず『学力をちゃんと補充しなければならない』と
いうことが、今の学校に対しての社会的圧力ですよね。
教師は、一人一人の子どもがちゃんとわかるようにしなければならないと思っています。
次にICTは効果があるということはわかっていて、ICT活用をしなくてはいけないのだということも
わかっていることですし、それなりに義務感がある。
ところが、コンピュータを使うことに余り慣れていないし、今まで無くてもできていたし
、また、どうやって使えば良いのかわからない。という先生に対しては、
しどろもどろで使うのならば黒板とチョークで授業を進めた方が、子どもは良くわかると思う。
どうしたら良いのだろう?という先生には、実物投影機は簡単に使えて、普段の授業と
さほど変わらなく、すっと足を踏み入れられる装置なので、是非使って見てください。
ということです。

先生たちの義務的に使わなくてはいけないという意識は、良くわかるのですが、そういう先生は、
難しいコンピュータを使うのではなくて、実物投影機から始めてみてはどうでしょうか?
実際に実物投影機から始めることによって、女性の先生がたくさん使えるようになります。
日本の小学校の先生は65%が女性ですが、情報(ICT)の担当は、会議をしてみると
ほとんどが男性です。男性の先生の仕事となっているのです。
けれども、65%の先生が女性であり、その多くは40〜50歳くらいの先生です。
この先生方が簡単に使えないものは、普及しません。
実物投影機ならば誰にでも確実に使えます。
ICTをしなければと思っている先生こそ、実物投影機とプロジェクターからICTを
始めてみたら良いのでは?
プロジェクターを使うのが難しいと思うのであれば、小学校にはテレビがありますから
テレビにつなげても良いですしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>