海外からのレポート(2/28)

『クレイメーション』
2月7日〜9日にアメリカ テキサス州のAustinでTCEA(Texas Computer Education Association )が開催されました。
コンピューター関連機器のみではなく、K-12市場(Kindergarten=幼稚園から12年生=高校
最終学年)全ての教育用機器の展示がされます。
3日間で8500人程度の先生を主とした教育市場に携わる人々の入場者があり、非常に活況の
ある展示会でした。
実際の教育現場でドキュメントカメラ(アメリカでは、書画カメラ(実物投影機)のことを
ドキュメントカメラといいます。)を使われている先生に、どのような使い方をしているかを
尋ねてみたところ、ある先生から、とても面白い使用例がありました。
テキサス州 オースティン市から北へ13マイルにあり、Eanes学校区に属する
Westlake High schoolで、3年ほど前からドキュメントカメラ(書画カメラ)を使った
「クレイメーション(粘土人形を使ったアニメーションのことです)」の基礎をコンピューターの
授業で教えているとのことです。
クレイメーションを使った映画製作は、米国ではディズニーを中心によく製作されています。
記憶に残っているのが、『The Nightmare Before Christmas』です。
この作品は粘土人形の動作を1コマ1コマ変えながら撮影しコンピューターへ
取り込むのですが、約2時間弱の映画製作に3年間掛かったとのことです。
日本で有名なのは、『ウォレスとグルミット』でしょうか・・・。
授業で、粘土人形を側面から撮影可能なドキュメントカメラ(書画カメラ)のステージ上で
1コマ1コマ変えながら撮影しコンピューターへ取り込むことによって動画を作る。といった
基礎的な授業に使われているそうです。
想像しただけでも、楽しいそうな授業ですよね。
こんな使われ方があるとは・・・。思ってもみませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>