カテゴリー別アーカイブ: 事例4 小学4年 

札幌市立平岸高台小学校の公開授業に行きました(1)

今週から三日間続けて、昨年度の2014年2月17日に開催された、札幌市研究開発事業「情報教育に関する実践研究会」の公開授業のレポートをご紹介していきます。
会場校は、札幌市立平岸高台小学校でした。
この日は、5校時に4クラスの授業公開が行われ、その後、平岸高台小学校から研究実践校の取り組みの実践発表等があり、引き続いて玉川大学教職大学院の堀田龍也先生によるご講演もありました。
当日は、猛吹雪の天候にもかかわらず、100名近くの参加者があり、どの教室もたくさんの参観でにぎやかになりました。
 教室ごとに、大型TVと電子黒板、デジタル教科書、
 実物投影機などのICT機器を活用した授業が
 展開されていました。
 4年生の国語の授業「言葉について考えよう」では、
 文と文をつなぐ言葉に注目し、文章を組み立てていました。
 自分たちが考え、ノートに書いた文章を、
 実物投影機「みエルモん」で大きく映して
 発表していました。
 自分でズームして見やすい大きさにして、
 フリーズボタンを使って映像を止めて発表している様子から、
 実物投影機がすでに子どもたちの学習の道具となり、
 すっかり馴染んでいることがよくわかりました。
 日常的に使われている様子は、実物投影機「みエルモん」で
 映される中心がわかるように、
 いつも使う台に映す範囲の中心点に印がついていることからも
 わかりました。
 子どもたちが使いやすいような工夫がみられました。

ローマ字の学習をクイズのように

小学4年、国語の事例です。
 ローマ字の学習の時に、教科書にある問題を
 実物投影機「みエルモん」で大きく映しました。
 □に入るアルファベットは何かな?
 と質問しながら子どもたちに答えさせ、
 穴埋めしていきます。
マグネットスクリーンに映していれば、水性ペンで直接書き込めます。
大型テレビに映している場合には、教科書に透明シートを重ねれば、やはり水性ペンで書き込みができます。
単純な活用方法ですが、教科書の問題をクラスみんなでクイズのように楽しく考えることができました。
【事例提供:福岡県W先生より】

信じるってなあに、友ってなあに

小学4年、道徳の事例です。
 道徳の「心のノート」を使った授業をしました。
 信じることの大切さを考える時に、
 「信」を漢字辞典で調べて、なりたちや意味を発表させました。
 
 次に、友達の大切さを考える時に、
 「友」を漢字辞典で調べて、
 同じようになりたちや意味を発表させました。
 漢字辞典に書かれている「信」や「友」という
 漢字の本当の意味や、
 熟語を実物投影機で映して共有することで、
 友達を大切にするポイントについて考え、話し合うきっかけとなりました。
【事例提供:富山県N先生より】

距離を測る

小学4年、社会の事例です。
 距離についての学習で、
 身近な教材で測ってみることになりました。
 東京都で一番高い山である雲取山と新宿区が
 どのくらいの距離があるのかを調べてみました。
地図に実際に直接定規をあてて、縮尺と比較しながら測る様子を、実物投影機「みエルモん」で大きく映して見せました。
こうすることで、子どもたちみんなと一緒に考えられます。
測る様子もみせられるので、子どもたちの理解も早かったです。
【事例提供:東京都H先生より】

漢字の学習

小学4年、国語の事例です。
新出漢字の指導で、子どもたちが持っているドリルを実物投影機で大きく映して指導しました。
新出漢字に関連させて、「○○がまえ」には他にどんな物があるかを問いながら、過去の漢字も復習していきます。
映したドリルの映像に書き込むことで、「かまえ」についての知識を再確認できました。
【事例提供:富山県N先生より】

まとめの学習の答え合わせ

小学4年、算数の事例です。
教科書のまとめの問題のページを実物投影機で大きく映します。
映した上から、マグネットスクリーンに答えを書き込んでいきます。
問題を黒板に書き写す時間がはぶけ、より多くの問題を皆で考えることができました。
ちょっとした活用ですが、とっても便利です。
【事例提供:東京都K先生より】

給食配膳台を「みエルモん」の台として活用

授業の活用事例ではないのですが、よく話題になる実物投影機を置く台の事例です。
ちょうど使っていない給食用の配膳台があったので、使わせてもらったそうです。写真を送っていただきました。
給食配膳台はタイヤがついているので、移動しやすくて使いやすいとのこと。
余った配膳台があったら、「みエルモん」用の台に捨てずにとっておくのは便利そうですね。
【事例提供:福岡県W先生より】

およその数

小学4年、算数の事例です。
およその数の考え方を理解するのは、子どもにとって少し難しいことです。
およその数について説明したあとは、練習問題を使って何度も確認していくことで定着が図れます。
練習問題の「百の位までの概数」という部分に着目し、十の位を四捨五入すればいいことを、教科書の練習問題を映して、そこに書き込みながら確認しました。
何回も繰り返すことによって、定着が図れました。
【事例提供:東京都H先生より】

ちがいを見つけて

小学4年、算数の事例です。
ちがいを見つける問題で、数直線を使って問題を解きました。
実物投影機を使うことで、教科書やドリル、プリントなどの数直線をそのまま映せるので、黒板に書いたり、別の紙に用意したりすることがなく、とても便利です。
左の写真は、答え合わせをしているところです。
プリントに、赤字で式も書きながら説明しました。
丸付けをするサインペンの太さは、実物投影機で映すとちょうど見やすい太さに書けます。
【事例提供:東京都H先生より】

新聞記事を使って概数を学ぶ

小学4年、算数の事例です。
概数の学習をした後に、新聞記事の中から概数を探し、本文の中からどの数字を概数にしたのかを考えました。
   上の三つの写真は、いくつかの新聞記事を実物投影機「みエルモん」で大きく映している写真です。新聞の小さい文字もはっきり大きくできるので、書き込んだり指さしたりして説明できます。
このように新聞記事を共有して説明することで、子どもたちは新聞記事には概数がたくさん使われていることに気づきました。
さらに、実際の具体的な数字を使っている記事も映して見せることで(右端の写真)、どんな時に概数を使うのか、実際の数を使う時はどういうときなのかを考えることができました。
これによって、自分たちの生活の中での概数の役割を感じ取る授業ができました。
この後、子どもたちは記事に興味を持って、新聞をよく見るようになりました。
【事例提供:東京都H先生より】