カテゴリー別アーカイブ: 事例3 小学3年 

玉川大学小学部の公開授業に行ってきました☆

2014年1月29日(水)に開催された、玉川大学小学部の公開授業に行ってきました。
玉川大学小学部では、全ての教室に、ボード型の電子黒板と実物投影機「みエルモん」L-12が整備されています。
 87インチある電子黒板は迫力があり、
 実物投影機「みエルモん」と組み合わせることで、
 大きくはっきりと教科書やプリントを映しだしていました。
 小学校3年生の教室では、国語の授業で
 実物投影機「みエルモん」を使っていました。
 単元名は『物語を書こう』で、2学期の終わりに学習した物語文
 『三年とうげ』を通して、物語を
 「はじまり」「出来事(事件)が起きる」
 「出来事(事件)が変化する」「むすび」
 の4つの場面に分けて、それぞれの場面でどのように物語が
 展開しているかを学習していました。
「みエルモん」で、子どもたちが書込んだプロット図のワークシートを大きく映し、お友だちの書込んだ内容と、自分のものを比べていました。
これらのICT機器が教室に入って、すでに2年が過ぎている中で、先生も子どもたちもごくごく普通に、当たり前のように活用している様子がとても印象的でした。
自分の書いたプリントを見せながら説明することは、もはや特別なことではなくなっていました。

直角三角形はどれかな?

小学3年、算数の事例です。
 三角形と四角形の学習をしました。
 「直角三角形はどれでしょう?」という
 教科書問題の答え合わせです。
 図形の学習には、実物投影機は大活躍をします。
 黒板への板書は時間がかかりますが、
 実物投影機「みエルモん」で教科書の見せたい
部分を大きく映せば、簡単に教科書の図形を授業で使えます。
子どもたちが持っている教科書と同じ並び方、同じ色合いというのも、わかりやすさの一つになります。
分かると手を挙げた子どもに、前に出てきてもらい、映した画面に実際に三角定規を合わせてもらいました。
三角定規の直角の角を使って見つけ出すことをそのまま伝えることができます。
この後、それぞれの教科書の図に、自分の三角定規を合わせて、子どもたち一人一人が自分で確認をしました。
単純な実物投影機の活用ですが、前に出てくる子を誰にするか、机間巡視する時に、どの子を注意してみてあげればよいか、そんな今まで当たり前だった授業技術が光る事例です。
【事例提供:和歌山県N先生より】

箱の形をしたもの

小学3年、算数の事例です。
 箱の形について学習をしました。
 まず、身の回りのものから、箱の形をした
 ものを見つけてノートに書き出しました。
 一番たくさん書き出した子どものノートを
 実物投影機「みエルモん」で大きく映して発表させました。
そして他に意見があれば、補って発言するよう促しました。
見ながら考えられるので、短い時間でたくさんの意見を出し合い、活発に発言ができました。
書いたノートを見せるだけで、これだけの効果があるのだと再認識できました。
【事例提供:富山県S先生より】

自作絵本の読み聞かせ

小学3年、特別活動での事例です。
 朝の会の時に、読み聞かせ係が自作絵本の
 読み聞かせを行いました。
 自分たちが描いた絵本を読み聞かせるということで
 いつも以上に張り切っていました。
 毎日実物投影機「みエルモん」を使っているので
迷わずにこの日も実物投影機をセッティングして、カメラの下に、自分たちが作った絵本を置きました。
B6サイズの小さな絵本でしたが、実物投影機で大きく見せることで、作った子どもも、それを見る子どもも、とてもうれしそうでした。
特に、子どもが描いたイラストをみんなで見ながら話を聞くことができたところがよかったようです。
【事例提供:富山県S先生より】

スチレン版画

小学3年、図工の事例です。
 初めてスチレン版画に挑戦しました。
 スチレン版画のサンプルを、
 実物投影機「みエルモん」で大きく映しました。
 そして、それぞれの模様について、
 どの部分をどのようなもので模様をつけている
 のかを考えあいました。
実物投影機があると、サンプルの絵を大きく見せるだけではなく、模様に使った道具も映しどんなふうに動かして模様をつけたかも見せられます。
 次に、下絵を大きく映して
 みなで紹介し合いました。
 それぞれの下絵を見ながら、
 どの部分に、どんなものを使って模様を
 つけたらより効果的になるかを考え合いました。
このような話し合いをすることで、実際に作品を作るときの大きなヒントになるようです。
様々に工夫されたステキな作品ができあがりました。
【事例提供:和歌山県N先生より】

間の数に気をつけて

小学3年、算数の事例です。
 算数の問題を考える前に、教科書のイラストを
 実物投影機「みエルモん」で大きく映しました。
 教科書のイラストはとても考えて作られています。
 イラストに描かれていることを確かめることによって、
 まず、子どもたちの関心や意欲を高められます。
そして、何が描かれているかを話し合うことによって、池のまわりのくいや、立木の間隔に目を向けることができました。
この時、イラストにより注目できるように、白い紙を使って余分な部分を隠して見せました。ちょっとした工夫ですが、こうすることで、子どもたちはさらに集中してイラストを見て、考えられます。
【事例提供:富山県S先生より】

サッカーのチーム作り

小学3年、体育の事例です。
サッカーチームのグループ作りの時に、メンバー表を実物投影機でスクリーンに大きく映し、そこに名前を書き込んでメンバーを決めました。
今までは、直接黒板に書いていました。
けれどこの方法だと、全チームのリーダーがメンバーを紙に書き写すまで、黒板を消すことができず使えませんでした。
実物投影機を使うことにより、チームが決まったら、スクリーンに映していたメンバー表をリーダーに渡せば、すぐに黒板が使えるようになって時間短縮につながりました。
【事例提供:神奈川県M先生より】

給食配膳台を「みエルモん」の台として活用

授業の活用事例ではないのですが、よく話題になる実物投影機を置く台の事例です。
ちょうど使っていない給食用の配膳台があったので、使わせてもらったそうです。写真を送っていただきました。
給食配膳台はタイヤがついているので、移動しやすくて使いやすいとのこと。
余った配膳台があったら、「みエルモん」用の台に捨てずにとっておくのは便利そうですね。
【事例提供:福岡県W先生より】

はかりの重さをプリントで学習

小学3年、算数の事例です。
はかりの重さを読む学習で、プリントの問題を実物投影機「みエルモん」で大きく映しました。
目盛りの読み方を確かめながら、一つ一つ問題を解いていきます。
一番小さい目盛りが何gを指すかを確かめた上で、問題を解くようにしたので、正確に問題を読み取ることができました。
プリントの細かい目盛もしっかり映るので、説明しやすいです。
【事例提供:富山県S先生より】

楽譜の階名を大きく映すだけで

小学3年、音楽の事例です。
 リコーダーの学習をする時に、楽譜に階名を書いた資料を
 実物投影機で大きく映しておきました。
 たったこれだけのことですが、楽譜が読めない子どもは、
 映っている階名を見ながら間違うことなく自分の楽譜に
 書き込むことができした。
 (写真をクリックすると大きくなります。) 
また、前を見ながらリコーダーの練習ができ、姿勢もよくなるという効果もありました。
今までは、毎回授業ごとに黒板に階名を書いていたので、とても時間短縮になり、その分練習時間を増やすこともできました。
【事例提供:神奈川県M先生より】