カテゴリー別アーカイブ: 17_学年別活用事例

札幌市立平岸高台小学校の公開授業に行きました(2)

2014年2月17日に開催された、平岸高台小学校で開催された、札幌市研究開発事業「情報教育に関する実践研究会」の公開授業の続きです。
 5年の算数「百分率とグラフ」の授業では、
 前時の学習の振り返りとして、実物投影機「みエルモん」で
 SDカードに保存しておいたノートを映していました。
 保存したSDカードを選んで見せたり、
 ポイントに書込んだりすることが便利な
 「かけるもん」も一緒に使っていました。

 バラバラの数字を、どうやって比べたらいいか。
 難しい場面でしたが、
 前時で学んだ比べるための数をそろえる方法を振り返り、
 しっかり確認してから、今日の問題に取り組みました。
 
 
 ノートを日常的に実物投影機で映している効果もあるのか、
 きれいに整理されたノートを作っている子どもが多いことが
 印象的でした。

札幌市立平岸高台小学校の公開授業に行きました(1)

今週から三日間続けて、昨年度の2014年2月17日に開催された、札幌市研究開発事業「情報教育に関する実践研究会」の公開授業のレポートをご紹介していきます。
会場校は、札幌市立平岸高台小学校でした。
この日は、5校時に4クラスの授業公開が行われ、その後、平岸高台小学校から研究実践校の取り組みの実践発表等があり、引き続いて玉川大学教職大学院の堀田龍也先生によるご講演もありました。
当日は、猛吹雪の天候にもかかわらず、100名近くの参加者があり、どの教室もたくさんの参観でにぎやかになりました。
 教室ごとに、大型TVと電子黒板、デジタル教科書、
 実物投影機などのICT機器を活用した授業が
 展開されていました。
 4年生の国語の授業「言葉について考えよう」では、
 文と文をつなぐ言葉に注目し、文章を組み立てていました。
 自分たちが考え、ノートに書いた文章を、
 実物投影機「みエルモん」で大きく映して
 発表していました。
 自分でズームして見やすい大きさにして、
 フリーズボタンを使って映像を止めて発表している様子から、
 実物投影機がすでに子どもたちの学習の道具となり、
 すっかり馴染んでいることがよくわかりました。
 日常的に使われている様子は、実物投影機「みエルモん」で
 映される中心がわかるように、
 いつも使う台に映す範囲の中心点に印がついていることからも
 わかりました。
 子どもたちが使いやすいような工夫がみられました。

渋谷区立猿楽小学校へ行ってきました(3)

小学1年生、算数の事例、一昨日からの続きで三日目です。
 色板を使って、いろいろな形を作ってみたり、
 変えてみたりした後に、最後は練習問題に
 取り組みました。
 先生は、教科書の問題の図形を大きく映しながら、
 三角形に補助線の引き方を説明しました。
 その後、その三角形をスクリーンいっぱいにMAXズームをして、
 実物投影機「みエルモん」のフリーズ機能を使って、
 画面が動かないように画面を止めて見せていました。
 「みエルモん」のちょっとした使い方のコツで、
 ずいぶん見やすくなることがわかりました。
教科書にどんな補助線を入れたらいいかわかった子どもたちは、先生がやったのと同じように定規をだして補助線を引いていました。
最後に、授業のまとめとして、次の二つのことを確認しました。
  同じ枚数の色板を使った場合、
    ・図形の形が変わっても広さは同じ。
    ・並べ方は一つだけではない。
今回の授業で、実物投影機を使うことで、次に何をしたらいいのか、どんなことをするのか、という基本的な指示が、1年生の子どもたちに的確に伝わることがはっきりわかりました。「みエルモん」があることで、子どもたちも安心して授業を受けている様子も伝わってきました。
子どもたちが「みエルモん」のことが大好きだという理由がよくわかりました。

渋谷区立猿楽小学校へ行ってきました(2)

小学1年生、算数の事例、昨日の続きです。
次の先生の指示は、「4枚の色板で、教科書と同じ形を作りましょう。」というものでした。


 

 

 
先生は、これからどの形を作るのかを、実物投影機「みエルモん」で教科書の図を大きく映して見せました。
子どもたちは発表したくて、すぐに自分の机で色板を並べ終え、とても元気よく手を挙げていました。
そして先生に指名された代表の子どもが前に出て、実物投影機の下で実際に4枚の色板を使って教科書と同じ形を作って見せました。
どんな向きで色板を置いたら形が作れるのかを確認するには、実物投影機で大きく「やってみせる」ことはとても有効だと思いました。
見ている子どもたちは、自分が色板を動かしているときのように一緒に考えながら見ていました。
黒板にも同じように、磁石の色板を使って形を作っていきました。磁石の色板は板書と同じなので、スクリーンの映像と違って最後まで残ります。
 これを使って、同じ形ができていても、
 三角形の板の並べ方や向きが違うことを確認しました。
 左の写真は、三角形の向きを変えても同じ形になる
 ところを実演している場面です。
そしてこれらの形はみな、「4枚の色板」を使って作っていることから、形が違っても広さは同じだということも確認しました。

渋谷区立猿楽小学校へ行ってきました(1)

2014年度最初にご紹介する事例は、渋谷区立猿楽小学校の1年生の授業です。
実物投影機「みエルモん」が大好きな子どもたちが、元気いっぱいの授業をみせてくれました。三日間連続でご紹介していきます。
小学1年生、算数の授業を参観してきました。

 「かたちづくり」の単元で、自分の色板を
 授業で使うことになりました。
 先生は、「同じ三角形の形の色板をだしましょう。」
 と指示を出しました。
どのように出したらいいかわからない子どもがいないように、実際にどのように机の上に用意するかを実物投影機「みエルモん」で映して見せました。
スクリーンに映ったのを見て確かめながら、子どもたちは一斉に机に色板を準備しました。
 口頭だけで指示するよりも簡単に子どもたちに伝わり、
 準備の時間が短く済みました。
 前時の復習として、
 三角形の色板を使って好きな形を作りました。
どんな形を作ったか、実物投影機「みエルモん」で映しながら、みんなの前で発表しました。
(写真はクリックすると大きくなります)

ひっさんバトルをやるよ!

小学2年、算数の事例です。
ひっ算の規則性を、ゲームをしながら気づかせる授業です。
 最初に先生が、ワイヤレス実物投影機MO-1w使って、
 ゲームに使うカードの使い方を大きく見せて説明しました。
 先ず、カードをきり、裏向きにおき、そこから選ぶこと。
 選んだカードの数字を使って、ひっ算を考えること。
 最後にその考えたひっ算を、プリントに書き写すことを
実物投影機で大きく映すことで、無駄な時間がなく説明できました。
ゲームの手順やルールを伝えるにも、このように見せながら伝えることで、簡単にそして正確に伝えらえられます。そして、説明を聞く子どもたちの集中力も高まります。
実際にゲームが始まると、十の位の大小に着目して、足し算の規則性に気づく子が出てきました。
 ワイヤレス実物投影機MO-1wだと、
 オプションのバッテリーを使えば、
 コードを気にせずに、
 どこでも持ち運んで映すことができます。
 足し算の規則性に気付いた子どものところに
 実物投影機を持っていき、どんなひっ算を考えたかを
 カードを動かしながら説明してもらいました。
今回の場合は、ノートを映すのではなく、並べたカードを映したかったので、子どもが前に出てくるにはカードが動いてしまってなかなかうまくいきません。けれど、自席で並べたままを映してあげられることは、時間短縮になりますし、とっても便利でした。
また、小学校低学年の子どもの場合、先生が机の隣で寄り添い見守る中で発表できることは、大きな安心感につながり、繰り返し発表する事で自信もついていくと感じました。
机間巡視でつかんだ子どもたちの考え方や気づきを学級全体に提示して共有することは、思考を深めるという意味でも、大変有効である事がわかりました。
授業の中では、子ども達が楽しみながら意欲的に参加し、「どうしてこうなるのか」を論理的に思考する場面がたくさん見られました。
【事例提供:愛知県T先生より】

漢字ドリルで新出漢字の練習したよ

以前に紹介した、海外の日本人学校から事例が届きましたので紹介します。
以前に紹介した記事はこちら↓です。
   ☆ニコニコ45分:わぁい!「みエルモん」が届いたよ♪…海外でも「みエルモん
小学1年生、国語の事例です。
 新出漢字の学習に、実物投影機「みエルモん」を使いました。
 左の写真は、漢字ドリルを実物投影機で大きく映して
 いるところです。
 子どもたちが集中して見られるように、
 余分なところは映らないように隠して映しました。
使ったのは、画用紙を切り抜いてラミネートした手作りのマスクシートです。
漢字練習の時には、最初に漢字ドリル全体を映して、読み方のところを全員で確認します。
次に、漢字ドリルの書き順の部分を大きく拡大して見せます。
そして、気を付けるところを一つずつ確認していきます。
この時、余分な部分を見せないようにできるマスクシートを用意しておくととても便利です。
最後に、大きく映している書き順の部分を見ながら、みんなで空書きをします。
その後にドリルで練習をします。(上の写真は、空書きをしているところです。クリックすると写真が大きくなります。)
この方法だと、漢字ドリルを最大限に活かしながら、漢字一つ一つを丁寧に指導することができます。
【事例提供:マレーシアにある日本人学校より】
※漢字ドリルにぴったり合ったマスクシートを使うなら、以前ご紹介した以下のページをご参照ください。教育同人社の『ココ見て!マスクシート』がとっても便利です。
   ★ニコニコ45分:「みエルモん」で『ココ見て!マスクシート』を使おう☆

これは、なんでしょう。

小学1年生、国語の事例です。
話す・聞く領域の学習として、「これは、なんでしょう。」という学習をしました。
答えになるものを一つ決めて、それを当てるためにヒントを少しずつ出していき、聞いている人に当ててもらうという学習です。
当てるためには、相手の問題をよく聞かなくてはなりません。
うまく当ててもらうために、わかりやすく伝えなくてはなりません。
まず、それぞれで自由に問題を作りました。
問題と答えを、ワークシートに書きました。問題は文章で、答えは絵を描きました。
そして、答えの部分を隠しながら、問題を実物投影機「みエルモん」で映して見せ、問題を出しました。
その中に、こんな問題がありました。

   なんでもうつせます。
   プロジェクターとつながっています。
   これは、なんでしょう。
 最初の「なんでもうつせます。」というところで、
 ほとんどの子どもたちは答えがわかったそうです。
 答えの絵の部分を見せたところが、
 左の写真になります。
 とても上手に描けています。
 子どもたちに、「みエルモん」が大人気で、
 「みエルモん」の活用が、
 日常的になっていることを感じます。
【事例提供:東京都Y先生より】

「くるりくるり」と回るたぬきの目玉ってどんな様子?

小学1年、国語の事例です。
 物語文の「たぬきの糸車」の中で、
 たぬきが障子の穴から糸車を覗く様子を理解するために、
 実際に糸車と障子を使って体験する時間をつくりました。
 先ず、破けた障子と、糸車を用意しました。
 障子や糸車を知らない子どもがいるので、
 実物を見ることで物語の情景をイメージしやすくなったようです。
次に、糸車の回る様子を障子の穴から覗いて「くるりくるり」と目玉をまわしながら見ているたぬきの気持ちになって実際にやってみました。
覗いている様子は後ろの席からはよく見えないので、障子の穴をめがけて実物投影機「みエルモん」で大きく映しました。こうすることで、お友だちの覗いている目が大きく見えて、物語の中のたぬきが、どんな風に目玉を回してみていたのかがわかったようでした。
このあと、このようなたぬきの様子を観て、おかみさんがどう思ったのか。そして、たぬきとおかみさんがどんな風に気持ちを共有していったのかを読み取っていきました。
【事例提供:長野県S先生より】

滋賀県高島市立マキノ中学校公開授業へ行きました2

昨日に続いて、2014年1月31日(金)に行われた、滋賀県高島市立マキノ中学校の公開授業のレポートです。
中学1年生、国語の公開授業の様子を紹介します。
こちらで使われていたICT機器は、電子黒板機能付きプロジェクタと実物投影機「みエルモん」L-12でした。
 生徒たちは、故事成語を使った文章を考え、
 プリントに書きます。
 そのプリントを実物投影機「みエルモん」で
 大きく映しました。
 映しているプロジェクタには、電子黒板機能が
 ついているので、
 訂正部分などを先生が書込み、皆で確認していました。
上の写真にあるプロジェクタを映しだしているボードは、手作りだそうです。
黒板を目いっぱい使いたいために、移動ができるスクリーンボードを作ったそうです。スクリーン部分はプラスチックダンボールを3枚合わせて作られていました。
書込むときに、「みエルモん」のフリーズボタン(一時停止ボタン)を使って、プリント画面を静止させてから書込んでいました。こうすることで、生徒にすぐプリントを返すことができるからです。
この授業が終わった後の休み時間にも、「みエルモん」が便利に使われていました。
電子黒板のボードが大きくて、その後ろにある連絡ボードが見えなくて生徒が騒ぎ出しました。
その時、一人の生徒が、すでに連絡事項が書かれた自分のノートを「みエルモん」の下に置き、プロジェクタで大きく映しだしました。そうすることで、他の生徒も連絡事項を問題なくノートに書くことができました。
何気ないことですが、生徒たちは「みエルモん」の便利さをよくわかって使いこなしている様子が見られました。