カテゴリー別アーカイブ: 16_その他の活用

脈をとってみよう

全学年 保健指導
 発育測定時に脈を探しました。
 「親指の先端から親指のつけねまで指でたどる」を大きく映して、
 一緒にやることで、1年生でも自分でしっかり脈を見つけていました。

 画面を見ながら、友達同士で脈の位置を教えあったり、
 触りあったりしています。脈のとりづらい子どもは担任、
 養護教諭で脈の位置を確認しています。

こっち向いていますか?

 「こっち向いていますか?」
 友だちが発表する時、先生が指示を出した時、
 歌う時、読む時前を向いているか確かめます。

ノートをSDカードに保存して活用

SDカードを使った活用は、先生方に人気です。
学習記録や授業の振り返りに役立つ活用方法をご紹介いたします。
6年 社会
 子どもたちのノートで全体で紹介したいものを集めました。
 次々とSDカードに保存します。6人分を30秒でできました。
 その様子です。 紹介するために保存したのですが、
 その子の学習記録の保存にもなります。

3年 算数 
 2けた+2けたの暗算の学習です。
 あらかじめ発表させる児童のノートを拡大して、
 SDカードに保存しておきました。
 次々にスムーズに発表させることができただけではなく、
 発表後ももう一度示し、活用できました。

簡単!フラッシュ教材

4年 国語 「フラッシュカード」

輪郭漢字カードを拡大し、一枚ずつめくってフラッシュカードのようにしました。
身近な野菜、動物、自然に関する漢字の後ろにイラストも書いてあるので、
習っていない字も読めます。後ろの子もしっかりと見えるので集中します。
1年 算数 「ひきざん」

繰り下がりのあるひきざんのカードを大きく写し、フラッシュカードのように、
全員または一人ずつ次々に答えを言っていく。
めくると裏の答えがすぐに写って見えるところが便利。

付箋紙を使って

付箋紙が授業や懇談会等で効果的に使われています。
このような使い方ができるのには驚きました。
小さな付箋紙も実物投影機(書画カメラ)+プロジェクタで、立派な教材になりますね。
付箋紙を使った授業の活用事例をご紹介します。
5年 国語 『作文を書こう』  

作文を書く前に、ある出来事に対して、感動したことや心が動いたこと、
誰かが話した言葉などを箇条書きで付箋紙に書く。
その後、付箋紙を大きく映し出すことで友だちの書き振りを知り、
良いところは自分の中に生かすために実物投影機を活用した。

書きたいことを付箋紙にまとめ、伝える順番を考える授業で実物投影機を活用する。
小さな付箋紙でも大きく映し出すことができ、かつ、伝える順番の入れ替えの操作を
大きく映しながら考えることができる。
2年 国語 『付箋で仲間分け、これはどこに?』  

国語で、情報作文のテーマを付箋に書いて分類をする。
大きく映して、どの仲間にはいるか話し合う。
4年 社会 『東豊田学区を安全な街に』  

自分たちの住んでいる地域の問題点を付箋に書き込み、その付箋を班ごと話し合い分類化しました。
分類化した画用紙の一部分を提示しているところです。
学級懇談会 『学級懇談会で付箋紙を映す』  

学級懇談会で保護者の皆さんにお子さんのよさと心配な点を付箋紙に書いていただきました。
そのまま拡大提示して発表です。
有意義な情報交換ができました。
校内授業研究会(授業検討会)  

授業についてワークショップ形式で話し合った内容(付箋紙を使って意見を整理)を発表した。

ぼくたちに任せてよ!

ICTを活用するには機器の準備が必要になります。
教室に機器が常設されていれば良いのですが
授業ごとに先生が一人で準備をするのはちょっと手間がかかりますよね。

実は、子どもたちでも準備することができます。

070806_1ある学校では「IT係」を作って子どもたちが手伝っています。
IT係は大人気の係だそうです。
主な役割は、機器を教室へ運んだり設置を手伝ったりすることです。

ICT活用が活発な学校では、高学年になると先生が「準備して」と頼む前に
IT係の方から「準備しますか?」と聞かれることもあるそうです。

夏休み明けから是非、みなさんも実践してみてはいかがでしょうか。

テスト直しの場面で

テストの答え合わせをする時に、テストを大きく映し出して
生徒と子ども達が一緒に問題を確認しながら答え合わせをされているそうです。

テストを大きく映すことで、口での説明にくわえて、
「テストの問題、書き加えられる説明、回答」を一度に見せることができ、
指導効率もいいですよね。
子ども達も目で見て確認できるのでわかりやすいと思います。

事例を3つほどご紹介いたします。

<4年 算数>

070731_1_1実物投影機(書画カメラ)を使ってテストの答えを映し出し、
子ども達とテスト直しを行いました
テスト直しも短時間で出来ますし、子ども達が自分のテストが
映し出されると大喜びです。


<2年 算数>

070731_2算数の文章問題のテスト直しをしました。
先生と読みながら、もう一度問題を解いていき

確認できるように式や筆算の答えを書き込んでいきました。

<5年 国語>

070731_3_1国語のテストの答え合わせを行う時に、解答用紙を大きく
映し出します。
文章大問題の答え方については、
子ども達に模範解答を示すことができ、
また、漢字は留意点に注目させることが出来ました。

本をおさえてフラットにして提示する

教科書や国語辞典など、厚みのあるものを提示しようとすると、
紙面が膨らんでしまって平らに映らないことがあります。

Photoそういう時は、ペーパーウエイトで、
紙面をおさえると平らになって見やすくなります。
書写の文鎮でも代用できますよ。