カテゴリー別アーカイブ: 08_家庭、技術・家庭

包丁を使って

小学5年、家庭科の事例です。
 家庭科室で、包丁の使い方を練習しました。
 切りやすくて切り目のわかりやすいオレンジを使って
 練習しました。
 オレンジを、グループの人数である4人で分けて、
 スライスするところを実物投影機「みエルモん」で
 大きく映しながら実際にやってみせます。
切り方で、オレンジの断面の模様が変わることをわかりやすく伝えられました。
 切った後は、「切り方は教科書を参考にしましょう」と言って、
 教科書をそのまま映しておきます。
 各自が机に出しておくと汚れてしまうので、
 このように大きく映しておくと教科書を片付けておいても、
 みんなが見れるのでとても都合がいいです。
教師の方も、オレンジの切り方をライブで映しているので、汁で汚れないよう、教科書は予めSDカードに撮っておいたものを使いました。
SDカードに保存できると、こんな時にも便利です。
【事例提供:東京都S先生より】
 「みエルモん」の機能紹介…SDカードに対応
      SDカードへボタンひとつで保存できます☆
      新「みエルモん」L-12はUSBメモリへも保存できます☆★

キャップの針さし

小学6年、家庭科の事例です。
PETボトルのキャップを利用した針さしを作りました。
ひとつずつ手順に従って説明したあと、それぞれの手順の作品を全部並べて実物投影機「みエルモん」で大きく映しておきました。
手順が不安になった子どもは、見本が前にあることがわかるために、時々、前に来て確認していきます。
見本を見に来なさいとその都度言わなくても、子どもたちが自主的に確認に来るようになりました。
【事例提供:東京都S先生より】

針に糸を通す

小学5年、家庭科の事例です。
針に糸を通す時の本当にちょっとしたコツ、糸の先を斜めに切って固めると針の穴に通しやすくなることを説明しました。
実物投影機「みエルモん」があれば、糸の先までしっかり映るので、見せながら説明できました。
目で見られる、という威力を感じました。
実物投影機「みエルモん」は、パソコンがなくても簡単に大きくできるところが手軽なので、すぐに使おうと思えます。
【事例提供:東京都S先生より】

手縫い針とミシン針

小学5年、家庭科の事例です。
 家庭科の裁縫の実習では、
 細かくて様々な種類の道具を使います。
 その道具を、なくさないように、
 きちんと管理することも大切な学習の一つです。
 特に針は、見つけにくいし落としておくと危ないので、
 使い始めの管理の仕方をしっかり確認します。
管理のポイントは、道具を使い始めるときと、使い終わったときの針の本数を合わせることです。
そのために、予め針の数を数えておきます。
ミシン針は手縫いのときは使わないので、数える数に入れないことを針を大きく映して確認します。
針の穴の場所が違うことまできれいに見えるので、針の違いの説明も一緒にできました。
実物を大きく見せられることで、子どもたちの理解はぐんと違います。
【事例提供:東京都S先生より】

ボタン付けの糸足の説明

小学5年、家庭科の事例です。
ボタンつけの学習をしました。
糸足をしっかりつけると、布の分だけ、ボタンがしっかり浮いています。
これを実物投影機「みエルモん」のアームを倒し、横から映して大きく見せました。(写真をクリックすると大きくなります。)
キノコのようにボタンがピンと立っているのを見せて説明できました。
「みエルモん」がなかったら、なかなか説明が難しいところです。
【事例提供:東京都S先生より】

テストの答え合わせ

小学5年、家庭科の事例です。
テストをした後の答え合わせの時には、間違いが多かった問題など、教科書のどこに書いてあるか確認し、学びなおすことはとても大切です。
このことで、子どもたちはしっかりと覚えなおすことができます。
そこで、間違いの多かった問題を、教科書のどこを見ればわかるか確かめるときに、実物投影機を使って教科書を映して説明しました。
小さい文字もはっきり見えるので、ページ全体を映してからそのあとアップにしました。こんな時には、見開きの教科書全体が映せる実物投影機はとても便利です。
見せたい場所が教科書の何カ所かに散らばっている時には、事前にSDカードに撮っておくと便利です。
教科書と同じように、2学期に配ったプリントに書いてあることを確認するときにも実物投影機を使いました。
左の写真は、その時のものです。
プリント全体を映し、そのあと必要なところをアップにして丁寧に説明しました。
このパターンで、5種類くらい提示しました。
テストの答え合わせの時には、実物投影機「みエルモん」は大活躍してくれます。
【事例提供:東京都S先生より】
 「みエルモん」の機能紹介…SDカードに対応
      SDカードへボタンひとつで保存できます☆
 「みエルモん」の機能紹介…A3サイズまで取り込める!
      取り込める画像の範囲はA3サイズもOKです☆

三木市立三木中学校の取組み

兵庫県三木市立三木中学校は、文部科学省の「電子黒板等を活用した教育に関する調査研究」指定校に選ばれています。
これは、電子黒板を使った授業での活用を研究するための指定校で、各都道府県から、小学校1校、中学校1校が選ばれています。
三木市立三木中学校は、兵庫県から選ばれた中学校1校の指定校になりますが、学校のHPで、電子黒板と一緒に実物投影機「みエルモん」を活用した授業の様子が公開されています。
とてもわかりやすいページですので、ご紹介させていただきます。
◆中学3年、英語の授業で◆
 教科書の挿絵を実物投影機を使って電子黒板に大きく映して活用
◆中学1年、国語の授業で◆
 実物投影機でワークシートを電子黒板に大きく映して活用
◆中学2年、技術課の授業で◆
 基板の失敗作品を実物投影機でいろんな方向から電子黒板に大きく映して活用
◆中学2年、美術の授業で◆
 実物投影機で絵の具を混ぜて緑色をつくる方法や、ファン筆を使って針葉樹を書く方法を見せて指導
どれも「なるほど!」という活用方法ばかりです。
実物投影機「みエルモん」と電子黒板を活用した事例ですが、プロジェクタやデジタルテレビへ映す活用方法でも十分使えるアイディアでもあると思いました。

コースター作り

小学5年、家庭科の事例です。
布を使って、コースターをつくりました。
使うのは、15㎝四方の小さな布です。
左の写真は、型紙を当てて印を付けるところの説明をしている時のものです。実物投影機「みエルモん」で、作るときに実際に使っている15cm四方の小さな布と型紙を大きく映して説明しました。
「みエルモん」がなかった時には、説明用に大きな布と型紙をわざわざ用意して説明していたので、その準備が要らないことはとても便利でした。
また、今まではその大きな布を黒板に貼って説明していました。
けれど「みエルモん」では、机に置いたまま見せながら説明できます。
これも説明しやすいもう一つの理由です。

この後は順番に、中表にあわせてぬう説明、角を切って、(端を折ってアイロンをかけて)表に返す説明も、「みエルモん」で順番に映しながら説明しました。
最後は、表に返したらアイロンをかけ、まわりを波ぬいで押さえます。
波ぬいの間隔も、言葉では伝えにくいですが見せることですぐに伝わります。
ゆとりのある子どもには、模様もぬうとよいことも伝えました。
工夫したところは、子どもたちに縫い目がよく見えるように、布と糸を見やすい色にしたところです。
【事例提供:東京都S先生より】

なみぬい

小学5年、家庭科の事例です。
初めてのなみぬいの学習のときには、練習用の布に書いてある印に合わせて縫っていきます。
布にも「ぬい目はひと針4mmくらいがよい」と書いてあり、わかりやすく印も書いてあるのですが、この印に合わせてどのように指を動かして縫っていくかの説明は、言葉だけではとても難しいです。
そこで、実物投影機で手元をぐんと大きくアップして見せながら説明しました。
しっかり手元の動きをみせます。
  布は、表と裏からはさむように持ち、左手を上下することで針を出していく。
  右手は、針を押して進めるだけ。
これだけの説明ですが、見せるのが一番です。
これを一斉授業でできることは、大変授業の効率化になります。
【事例提供:東京都S先生より】
 「みエルモん」の機能紹介…L-1ex新機能(2)フル動画で映せる
      ブレのないなめらかな動きをそのまま映せます☆

ニスの塗装の説明

中学1年、技術科の事例です。
左の写真は、自分たちで作った本立てに、ニスを塗装しているとことろです。
実際に作業をしているところを見せることで、工夫が必要なところや、失敗しやすいポイントなどをを明確に指導できました。
上手に塗装するためのハケの向きや傾きなどの説明は、口頭だけでは難しいものですが、実物投影機で大きく映せば、一目でわかります。
「みエルモん」でカメラの向きを変えて映せることも便利でした。
【事例提供:福井県S先生より】
 「みエルモん」の機能紹介…いろんな角度から映せます
      自由な方向にカメラを「片手で」向けられます☆