株式会社エルモ社 - 書画カメラなどの教育ICT機器、防犯・監視・セキュリティカメラ、クラウド事業など、映像・光学ソリューションをトータルにご提供

採用情報 - エルモ社での仕事

エルモ社での仕事

営業

創業以来の歴史と信用をベースに、エルモ社製品単体ではなく他社製品との組み合わせによるセット製品・システム製品提案など、顧客の要望に軽快なフットワークで柔軟に応えます。

最前線で働く社員に聞く! 仕事内容

先輩インタビュー 営業部中部営業所 原田 宗幸

原田 宗幸
営業部中部営業所
中京大学・法学部・法律学科、2016年卒

仕事内容
エルモ社製品を中心とした販売業務。各地の教育委員会、代理店への製品紹介も担当。

入社後、一番初めに任された仕事は?

教育委員会へのエルモ社製品の紹介です。製品の仕様や操作方法などは、先輩方にわかりやすく懇切丁寧に教えていただきました。また、機種毎の特徴などは開発部門の設計者に尋ね、実際に操作を行い自分の知識向上に努めました。最初は先輩社員との同行訪問でしたが、その後に一人で訪問することになった時は、緊張と心配もありましたが、自分の成長も感じることもできました。

この会社に入社して良かった!と思った瞬間は?

初めて訪問した会社でもエルモ社の名前を知っているお客様が多いこと、また大学の同窓会で エルモ社で働いている、と言っただけで あの書画カメラのエルモ、さらに仕事の内容まで話していただいたた時には、歴史のある会社で働く喜びを感じるとともに、いままで以上に頑張らねばと思いました。

貴社の自慢は?(仕事内容、事業内容、社風など)

・製品の企画から販売、アスターサービスまでを自社で行っている
・ブランド力、書画カメラ国内シェアNo.1。
 書画カメラ、実物投影機といえば エルモ という認知度。
・比較的小さな会社であるため、早くから多くのことを担当、経験することができる

今のお仕事の印象に残ってるエピソードは?

通常は教育委員会や代理店を訪問することが多いのですが、ユーザー様(製品を購入し実際に使用されている方)を訪問した時に事前に新機種の書画カメラをデモ機としてお渡ししていたのですが、エルモさんの書画カメラだから良かったよ、もちろん買うよ、と言われたことです。さすがに驚きました。

将来の目標や夢は?

すべてのお客様から、書画カメラのことなら 原田に聞け と言われる存在になりたいです。また、後輩社員からも頼られる、困った時には気軽に相談される社員にもなりたいですね。

新入社員に期待することは?

自分の考えや意志を素直に、はっきりと表現してほしいです。会社は組織が基本となりますが、組織をうまくコントロールするにはひとりひとりの考えが重要です。物怖じせず、接してほしいですね。

就活のアドバイスをお願いします!

あせらず納得できるまで、そして周囲を気にせず活動することだと思います。また就活中に少しでも疑問に思うことは必ず自分で確認することも重要だと思います。



内定者・若手社員に聞く! この会社を志望した理由

田中 莉紗
営業部中部営業所
金城学院大学・文学部、2018年卒


熊谷 彩香
営業部中部営業所
岐阜大学・地域科学部、2018年卒


事業や商品に魅力を感じた。若いうちから活躍・成長できそう。

(田中・熊谷)就活を進めていく中でいろいろな会社を訪問させていただいたのですが、特にエルモ社が製品の企画から販売までを行っていることも魅力の一つでした。

現在はマーケティング部ICTマーケティング課に所属し、教育委員会や学校訪問、さらに展示会のアテンドなどを行っています。まだまだ製品の仕様や操作方法の説明など覚えること、経験しなければならないことがたくさんありますが、職場は女性社員も多くて働きやすい環境です。

事業や商品に魅力を感じた。

(田中・熊谷)エルモ社が行っている教育に関する事業や身近に感じることができる製品を扱っているところに魅力を感じました。

若いうちから活躍・成長できそう。

(田中)私は会社の規模や成長性にも魅力を感じました。大きな規模ではないですが、若いうちから自分の力を発揮して活躍できるのではないかと思いました。

勤務地・立地が気に入った!

(熊谷)長い歴史の中で一巻として映像に関わる事業をやっていることにも魅力を感じました。また、地元で働きたいということ、地域にいろいろな貢献をしていることも入社する動機となりました。

やりがいを感じること

(田中)製品の紹介をお客様にするために事前に多くの準備をします。練習時間が十分にとれない時や職場の先輩社員の方の前では緊張してしまいますが、うまく説明が出来た時には嬉しくなります。

(熊谷)卒業してしまうと学校を訪れる機会もなくなるのかなと思っていましたが、入社してから学校訪問の機会もあり、学校を懐かしく思うこと、普段話せないような方々とお話しできることも楽しいと思えます。